書道/習字/園児/年齢/趣味/教養/照心書道会/神奈川県西/小田原小田急線沿線/箱根町/湯河原/真鶴/初心者/平塚/藤沢/厚木/茅ヶ崎/国府津/教室/支部/稽古

展覧会(国内、国外)

これから開催される書展

  • 特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」
    • 会期 2019年1月16日~2月24日 月曜日休館ただし2月11日は会館、金曜・土曜は午後9時まで*入館は開館の30分前まで
    • 会場 東京国立博物館 平成館(東京都台東区上野公園)
    • 主催 東京国立博物館 日本経済新聞社 毎日新聞社 NHK

以下、日本経済新聞より転載

  • 一回性の芸術といわれる〈書〉。漢字の母国である中国では、書家たちによってさまざまな書法が生み出され、受け継がれてきた。中国の書の中でも、名筆と謳われる優品が集まった本展の魅力を探る。
  • 顔真卿の心情あふれた〈祭姪文稿〉の魅力
  • 「楷書がよそいきの正装なら、草稿は普段着です。草稿からは、書家の人となりを感じることができます。(中略)〈祭姪文稿〉は作者である顔真卿の心情をあふれんばかりに伝える一作です

顔真卿-祭姪文稿

  • 「書は一回性の芸術です。書き直しはきかず、それ故に書家が字をしたためた瞬間を追体験できるというのが魅力です。実際の書を目の前におくことで、千年の時を超え、書に宿った書家たちの魂をきっと感じていただけると思います」

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

書道習字教室神奈川県小田原厚木国府津平塚茅ヶ崎藤沢教養趣味定年退職者幼稚園児余暇けいこ学ぶ